「Wonder Mountains」を制作したHAPPYDAYZ PRODUCTIONのTaQ INOUE氏からDANG SHADESのインプレッション・コメントを頂きました!!

見ただけで山に行きたくなってしまう映像作品「Wonder Mountains」を制作した、HAPPYDAYZ PRODUCTIONのTaQ INOUE氏からDANG SHADESのインプレッション・コメントを頂きました。以下、是非、ご覧ください。

『7月に立山と乗鞍岳に全部持って行って一通り比べた後、中 でも気に入ったモデル を使わせていただきました。特に気に入ったのが下記の2モデルで、オールラウンドに使える「LOCO Black Soft X Chrome Mirror」、色が変わるけど山歩きが楽しくなる「LOCO Black Soft X Gold Mirror」という感じに使い分けていました。冬山では濃いめに感じたBlue Mirrorを使いました。
どのモデルも特に難点はなかったのですが、あえて言うとすれば内側から光が入ると乱反射して少し見づらいかなというくらいでした。そんな状況もそ うそうないのであくまで粗探しのレベルですが。

「LOCO Black Soft X Chrome Mirror」は一番オーソドックスで山で使いやすかったです。多少暗い場所でも付けっぱなしで歩けたのが良かったです。これ!といった特徴はないのですがそれが逆に良く、一番使用頻度が高かったです。

「LOCO Black Soft X Gold Mirror」はあまり色が変わるレンズが好きでなかったが、このモデルの色の変わり具合はとても好みでした。色が変わ るレンズを避けていた理由として、映像や写真を撮影する時にあまりにも見ている風景と色合いが変わるの で避けていたのですが、主に初夏の緑が大きく黄色に傾いて、海外のフォトグラファーの写真の色に近く山歩きがとても楽しくなりました。Chrome Mirrorのモデルとこのモデルを山で多用しました。

「LOCO DARK BROWN TORTOISE GLOSS X Blue Mirror GO OUT collaboration」はこめかみの締め付け感がなくて良いです。

「ORIGINAL Red Gloss x Blue Mirror」は夏山ではちょっと暗く感じてあまり使いませんでしたが、雪上では良かったです。バックカントリーに行く際使っていました。』

以上、是非、ご参考にしてください!!

TaQ INOUEプロフィール:
北アルプスの麓、長野県松本市にて映像・写真などを中心にクリエイティブ活動をおこなっている。従来の枠に収まらない新感覚の 山岳映像・写真を撮り続けている。ユル~い山登りがモットー。

HAPPYDAYZ PRODUCTIONウェブサイト: http://happydayz.jp/

HAPPYDAYZ PRODUCTION FACEBOOK https://www.facebook.com/HappyDayzProductions

0M7A0731B
ファイル 2016-03-28 11 00 31

4月 20, 2016

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031